簡単セルフネイル

緑膿菌感染(グリーンネイル)にご用心!

緑膿菌感染(グリーンネイル)

 


症状・原因
 
緑膿菌感染とは爪周囲炎、爪白癬、爪甲剥離症などが原因で二次的に細菌が感染することで起こります。
 
最近ではジェルネイルやスカルプなどの人口爪が原因でグリーンネイルになる女性が
増加しているそうです。
ジェルを長い期間付け続けた場合や、浮いてしまったのにつけたままの場合などに爪甲とジェルの間に水分などが入り込み、菌が増殖しやすい状態になってしまいます
その状態を続けると爪が緑色に変化し、治るまでは一切ネイルをすることはできません。
 
セルフネイルでジェルをされている方で、爪や使う器具をしっかり消毒しなかったりサンディングが不十分でジェルが剥がれやすくグリーンネイルになりやすい方も多いようなのできを付けましょう。
 
もし爪が緑色になったらすぐ皮膚科にいきましょう!