簡単セルフネイル

爪って何で出来ているの?

 
 
意外知られていない爪の正体は、実は皮膚なのです
皮膚が角質化して固くなったものです
 
爪という部分はそんなに重要な場所ではなさそうに見えますが
実際、とても良い働きをしてくれています
 
物をつかむことも爪があってのこと 
もし、爪がなければ指先に力が入らずに細かい作業をすることが出来なくなってしまいます
 
さらに、大切な神経が集まっている指先を保護する役目もあり、
具合が悪かったりすると色が変わったりぼこぼこに生えたりなど
体調を表す部分でもあります。
 

そんな重要な役目の爪にネイルケアやネイルデザインをしてみます
するとなぜか気分が明るくなったりうれしくなったりと
気持ちの変化が起こるのです【科学的に証明されているようです^^】
 
これを見ている方もそんな気持ちの変化を実感できるように
簡単でやりやすいネイルの仕方をどんどん説明していきます