簡単セルフネイル

マニキュアの塗り方 マニキュアをきれいに塗ってみよう

 
 
マニキュアをきれいに塗るには、コツがあります
 
きれいに塗るためのコツ その@
 エッジの部分を塗る

エッジとは指を正面から見た時の爪の厚みの部分です。
ここを塗ることによってマニキュアの持ちもよくなり、綺麗に見えるので忘れずに塗りましょう。
 
 
 
きれいに塗るためのコツ そのA 
マニキュアの量を調節して、ハケをおうぎ型に広げる
 

マニキュアを塗る際にやりがちなのは厚く塗りすぎてしまうこと
これを防ぐために、ハケに取るマニキュアの液の量を調節します
そして、おうぎ型にすることで1度で塗れる範囲を広げます
 
まず、マニキュアのボトルの口の部分にハケを前後にしごき、量を調節します
 後
 
よい量になったらハケを前にググッと倒して片面のマニキュアを落としながらおうぎ型にします
 
ハケを倒すことで自然におうぎ型になります
 
 
 
マニキュアの液の量はハケの片面に3分の1〜4分の1ついているくらいがちょうどいいです
 
  正面→      横→  

 
 
図で見るとこのくらいです
必ず片面だけにマニキュアの液がついているようにしましょう
だいたいこのくらいで爪1本分の量ですが、個人差があると思いますので調整してみてください
 
 
きれいに塗るためのコツそのB
塗るときのハケの角度に注意!
  
 
ハケの角度は立て気味にしましょう
40°から45°くらいの角度がちょうどいいくらいです
何故こんなに立てるのかというと、立てることでハケに力が入りにくく、マニキュアを薄く均等に塗ることができるのです
寝かせすぎてしまうとムラができやすくなってしまいます
 

綺麗に塗るコツそのC
真ん中、サイドの順で一気に塗る
 
塗っている途中にハケについているマニキュアが足りなくなってしまい、
またボトルからハケに出して、、、と、やっていると時間がかかりすぎてしまい
ムラの原因になったり厚塗りになってしまいます
 
なので表面を塗る順番を決めて素早く塗りましょう
 
        
 
図で書くとこのような感じです
@で爪の広範囲を塗ってしまい、AとBで端をしっかり塗りましょう
AとBはどちらからでも大丈夫なので自分の塗りやすいほうからで良いです。
 
Bまで塗ってみて、ムラがありそうなら@の部分をもう一度塗りましょう(マニキュアは足さないで)

そうすることで、ムラになっていた部分が均一になりやすいです。
 
以上のコツを覚えてきれいに塗ってみましょう。