簡単セルフネイル

爪やすりの知識

爪用のやすりにはいくつか種類があり、
 
 
左から
自爪の長さと形を整えるエメリーボード
ジェルネイルのオフをするためやアクリルを削るときのファイル
爪の表面をなだらかにするスポンジファイル
爪の表面を磨いてつやを出すシャイナー
 
などがあります
 
 
それぞれ両面がやすりになっています
爪用のやすりにはグリット数というやすりの目の粗さを表すものがあります
 

爪やすりの種類

見た目

グリッド数

エメリーボード 厚みは薄くて木で出来たものやガラスで出来たものなど種類がある 180グリット〜240グリット
ファイル エメリーボードより少し厚みがある 80グリット〜180グリット
スポンジバッファー スポンジで出来ていてふわふわしている 100グリット〜280グリット
シャイナー 2WAYや3WAYになっている物が多く、四角い形や細長いものもある とにかく細かい

エメリーボードは基本180グリットが良いでしょう
爪がとても薄い方はそれより細かいグリットのものを使いましょう
 
 
エメリーボードとファイルを新しく買って使い始めるときに
1つやっておいたほうがいいことがあります
それは「面取り」という行為なのですが
面取りというのは買ったばかりのやすりは角の端の部分がとがっており
そのまま使ってしまうと皮膚が傷ついてしまうことがあるので、その部分を取ることをいいます
大根の面取りと同じですね!角の部分をとるのです

↑この赤い線の部分です、この画像では見えませんが、1本につき4か所
あります(本当は丸い部分もやりますが、あまり使わないのでしなくても大丈夫です)
 
面取りのやり方は簡単

別のやすり(古いやすりでOK)で尖った部分を削り落としてしまうのです()

上の赤い部分の面を取る場合はこのように角に当たるように別のやすりを当て
何回かスライドしましょう
触ってみて角が鋭く無くなったらOKです
 
ちょっと手間がかかりますがやっておくと怪我をする心配がなくなりますので、面取りは必ずやりましょう!

 

関連ページ

爪の形の種類
爪の形で変わる強度や印象の説明
爪の長さ
爪の長さのバランスについての説明
爪の長さの整え方
ネイルが初心者の方でもわかりやすいように、ネイルの基礎を説明していきます。
爪切りはなるべく使わない
爪切りは使わないほうがいい説明
簡単 甘皮ケア
簡単な甘皮のケアのしかたの説明
キューティクルオイルの大切さ
キューティクルオイルの大切さの説明
爪磨き
爪の表面磨きの説明
必要な道具
ネイルケアに必要な道具の説明